契約についてみなさまの「困った!」「ちょっと教えて!」を解決するためのお手伝いをします。

あんしん契約サポートセンター

契約 Q&A

契約Q&A記事一覧

そもそも契約とは何ですか?

A1.契約とは、法的拘束力のある約束のことを言います。1.契約の成立契約は、当事者の間で「申込み」と「承諾」の合致、すなわち「意思の合致」があると成立します。したがって、一方が申込みをしても、他方が承諾しなければ、契約は成立しないのです。具体例を見てみましょう。Aさんが、Bさんの持っているノートパソ...

≫続きを読む

 

契約にはどんな種類があるのですか?

A2.契約は、大きく3種類に分けられます。以下の表を参照下さい。契約の種類契約内容契約の例典型契約民法に13種類の定めがある売買契約、賃貸借契約、使用貸借契約、贈与契約、請負契約、雇用契約、委任契約、和解契約など非典型契約上記の典型契約以外の契約リース契約、フランチャイズ契約など混合契約複数の契約が...

≫続きを読む

 

契約と契約書との違いは?

A3.契約は、当事者間の申込みと承諾の合致によって成立するものです。口約束であっても、申込みと承諾の合致があれば、契約は成立します。契約書は、契約の内容を書面化したものです。契約の内容を書面化することで、いくつかのメリットが発生します。詳しくは「Q5. 契約書を作るメリットはあるのですか?」をご覧く...

≫続きを読む

 

覚書や念書は、契約書とは違うのですか?

A4.それぞれ名前は違いますが、法的な拘束力のある文書である点は皆同じです。契約書という名前が付いていなくても、「覚書」や「念書」という名前の文書に署名押印をすると、「そこに書かれた約束を守ります」という意思表示をしたとことになります。すなわち、法的な拘束力のある文書になるのです。従って、覚書や念書...

≫続きを読む

 

契約書を作るメリットはあるのですか?

A5.以下の3つのメリットが考えられます。1.明確化口約束を文字にすることで、「誰が」「何を」「いつまでに」「どのように」するのかが、明確になります。約束の内容が明確になることで、忘れにくくなり、きちんと約束が守られる可能性が高くなります。2.拘束力契約書にお互い署名(サイン)や押印をするため、契約...

≫続きを読む

 

契約書を作るデメリットはありますか?

A6.大きなデメリットはございません。強いて言うならば、以下のデメリットが考えられます。・契約書の用紙代、印刷代などの作成費用がかかる・印紙を貼るべき契約書に該当すれば、印紙代がかかる・契約書にサインをしたり、押印する手間がかかる上記の費用や手間は、将来の安心のためのコストと考えれば、決してデメリッ...

≫続きを読む

 

どういう場合に契約書を作ると良いのですか?

A7.特に以下の場合には、契約書を作ることをお勧め致します。1.新規で取引をする場合 継続的に取引をしたという実績がないため、相手がきちんと約束を守ってくれるのかどうかわからないからです。 約束を守ってもらえなかった時に備えて、契約書によってリスクを回避しておいた方が安心です。2.大きな金額の取引を...

≫続きを読む

 

契約書は、どうやって作るのですか?

A8.契約書は、自分で自由に作成することができます。文房具店や書店で市販されている契約書式を使用しても良いです。ただし、市販の契約書式を使用する場合、基本的な内容は書かれていますが、当事者の一方が有利、他方が不利な内容になっている場合がありますので注意が必要です。用紙自分で作る場合、用紙はどんな紙で...

≫続きを読む

 

署名と記名の違いは?

A9.署名は、本人が直筆で氏名を書いたもの。いわゆるサインです。記名は、ゴム印で氏名を押したもの、ワープロで氏名を印字したもの、第三者が本人の氏名を記載したものなどをいいます。証拠力について契約書に署名をした場合、これは本人が意思表示をしたという証拠として認められます。署名に加えて本人の印鑑を押せば...

≫続きを読む

 

実印と認印の違いは?

A10.実印は、法人の場合は法務局、個人の場合は市長村に登録してある印鑑のことをいいます。認印は、実印以外の印鑑のことをいいます。実印というと立派な印鑑を登録しなければならないと思われるかもしれませんが、決してそうではないです。100円ショップなどで購入した印鑑でも市町村に登録すれば、それが実印にな...

≫続きを読む

 

契印、割印、消印の違いは?

A11.押される場所や目的によって名前が異なります。以下の解説を参照下さい。契印契約書が2枚以上になる場合、それらが一つの契約書であることを証明するために押す印です。あるページを差し替えたり、加えたり、抜き取ってしまうことを防止する効果があります。ホッチキスでとじる場合は、各ページごとに、またがって...

≫続きを読む

 

収入印紙って契約書に貼らないといけないのですか?

A12.作成する契約書が、印紙税法における課税対象となる文書に該当すれば、収入印紙を貼る必要があります。課税対象になっていなければ、収入印紙を貼る必要はないです。収入印紙が必要な文書課税対象になっている文書は、こちらの一覧表で確認できます。一覧表http://www.nta.go.jp/shirab...

≫続きを読む

 

契約書の訂正はどうやるのですか?

A13.不要な文字を削除する場合は、二重線で消して、その近くの余白に「削除○字」と記載します。そして、その書いた文字に重なるように、当事者全員が印を押します。文字を修正する場合は、修正したい文字を二重線で消して、その上(または余白)に正しい文字を書きます。そして、その近くの余白に「削除○字、加入△字...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 中小企業経営者の方 個人事業主の方 個人の方 契約 Q&A 事務所のご案内