契約についてみなさまの「困った!」「ちょっと教えて!」を解決するためのお手伝いをします。

あんしん契約サポートセンター

Q11.契印、割印、消印の違いは?

A11.
押される場所や目的によって名前が異なります。以下の解説を参照下さい。

契印

 

契約書が2枚以上になる場合、それらが一つの契約書であることを証明するために押す印です。
あるページを差し替えたり、加えたり、抜き取ってしまうことを防止する効果があります。

 

ホッチキスでとじる場合は、各ページごとに、またがって印を押します。
例えば、契約書が3枚であれば、1枚目と2枚目にまたがって押し、2枚目と3枚目にもまたがって押す必要があります。

 

正本テープなどで袋とじにする場合は、表紙(裏表紙)とテープにまたがるように印を押します。

 

 

 

 

 

割印

複数の契約書を作成する場合、一体性を保つために押す印です。
それぞれの用紙を重ねて、両方にまたがる部分に印を押します。

 

 

消印

印紙と契約書面をまたぐように印を押します。
契約書に貼った印紙を再び使用できなくするためです。

 

印紙についての詳細は、「契約書に印紙って貼らなといけないのですか?」を参照下さい(リンク)

 

 

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 中小企業経営者の方 個人事業主の方 個人の方 契約 Q&A 事務所のご案内