契約についてみなさまの「困った!」「ちょっと教えて!」を解決するためのお手伝いをします。

あんしん契約サポートセンター

Q9.署名と記名の違いは?

A9.
署名は、本人が直筆で氏名を書いたもの。いわゆるサインです。
記名は、ゴム印で氏名を押したもの、ワープロで氏名を印字したもの、第三者が本人の氏名を記載したものなどをいいます。

 

証拠力について

契約書に署名をした場合、これは本人が意思表示をしたという証拠として認められます。署名に加えて本人の印鑑を押せば、さらに強い証拠になります。これを署名押印といいます。

 

一方、記名だけですと、本人が意思表示をしたという証拠として認められません。
ゴム印を押したり、ワープロで印字することは、誰でもできてしまうからです。

 

記名の場合は、記名に加えて本人の印鑑を押す必要があります。そうすれば、本人が意思表示をしたという証拠として認められます。これを記名押印といいます。

 

以上を表にまとめると以下のようになります。

種類

契約書にすること

証拠力

署名 サインのみする

署名+押印 サインに本人の印を押す

記名 ゴム印やワープロ印字のみ

×

記名+押印 記名に加えて本人の印を押す

 

 

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 中小企業経営者の方 個人事業主の方 個人の方 契約 Q&A 事務所のご案内